気になる 美容整形のお悩み別コラム!

脱毛のコラム

脱毛後のケアについて

アフターケアの重要性

福岡の美容外科やエステサロンで脱毛をしたあと、何もせずに放っておく人は少なくありません。しかし、美容整形の一種として脱毛を行う美容外科にしろ、エステサロンにしろ、脱毛すればそれで終わりというわけではないのです。脱毛後はアフターケアも大切であり、これを怠ると思わぬ事態に見舞われる可能性もあります。福岡の美容外科やエステサロンで脱毛を検討している人は、しっかりとアフターケアについての知識を身につけるようにしましょう。

肌の赤み

美容整形を扱っている福岡の美容外科では、レーザー脱毛が一般的です。このレーザー脱毛を行ったあと、肌が赤くなっていることがあります。これは正常な反応であり、トラブルが起きているわけではありませんが、放っておくとシミになる可能性があります。肌が赤くなっている場合、しっかりと冷やして保湿をすることで、シミになるのを防ぐことができます。一般的には1週間程度で赤みやヒリヒリした感じは引きますが、これが引かなかったり強い痛みがある場合には治療を受けるようにしましょう。

色素沈着

レーザー脱毛をしたあとは、皮膚が黒ずんでしまうことがあります。これは色素沈着と呼ばれますが、脱毛後の肌が紫外線に触れることでメラニン色素が発生し、それが蓄積することで引き起こされます。また、レーザーが肌質に合わなかった場合などでも、黒ずみが発生することがあります。黒ずみを発生させないためには、肌の紫外線ケアをしっかりと行うことが大切です。日焼け止めを活用したり、長袖の衣服を着るように心がけましょう。黒ずんでしまった場合には、色素沈着を除去するレーザー治療を受けることもできます。

ムダ毛の再生

美容整形を扱う福岡の美容外科で受けられるレーザー脱毛は、基本的に永久脱毛です。しかし、中にはムダ毛が再生してしまうこともあります。皮膚の黒ずみやほくろなどにレーザーを吸収された場合など、施術が不完全であった場合に起こりえます。ムダ毛の再生を抑制するには、抑毛ローションや抑毛ジェルなど、毛が生えてくるのを防ぐものを利用しましょう。ムダ毛が再生するかもしれないという意識をもってケアをしていれば、万が一処理が不完全であっても再生を抑えることができます。

Q&anp;A

脱毛のよくある質問

美容整形を扱うクリニックで脱毛する場合、
どこのクリニックでも同じ効果を得られますか?
同じ医療用レーザー脱毛の機器を使っていたとしても、全く同じ効果が得られるわけではありません。患者さんひとりひとりに合わせた出力の調整や、照射する技術が必要になります。クリニックを選ぶ際には、きちんと比較するようにしてください。
脱毛を考えていますが、
アザや傷痕がある場所の脱毛もできますか?
レーザー脱毛では、メラニンがある場所にレーザーが照射されます。そのため、毛根以外にメラニン色素が集まっている場所があればそこにもレーザーの影響が出てくるため、アザや傷痕の色合いによってはレーザー脱毛が使えないこともあります。その場合、針脱毛などを利用すれば、脱毛することができます。
コースの途中で脱毛結果に満足したのですが、
途中でやめることはできますか?
一般的に、脱毛を途中でやめることは可能であるといえます。ただし、この場合に残りの分の返金に応じるかどうかなどは、各クリニックなどによっても異なります。別の部位の脱毛に当てることができる場合などもあるので、事前によく確認しておきましょう。

▲ このページのトップへ

気になる 美容のお悩み別コラム

二重のお悩み

二重のお悩み

ぱっちりとした二重になりたいと願う人は多く、そのために美容外科で美容整形を受ける人も少なくありません

エラ・輪郭のお悩み

エラ・輪郭のお悩み

エラが張っている、輪郭をすっきりさせたい。そういった悩みに関しても美容整形で解消することができます。

脱毛のお悩み

脱毛のお悩み

脱毛はエステやサロンでも行うことができますが、美容外科で行うことでより確実に脱毛することができます。

▲ このページのトップへ