気になる 美容整形のお悩み別コラム!

二重コラム

埋没法

メスを入れなくてもいい二重の美容整形

埋没法はメスを入れる必要がない二重の美容整形術で、福岡の美容外科でも人気の施術方法です。まぶたを切らなければいけないということから今まで二重の美容整形を敬遠していた女性にとって、切らなくてもいいというのはあと一歩を踏み出す大きな要因になります。術後の経過が良好な場合が多いのも、人気の理由のひとつです。福岡の美容外科の中には埋没法に自信を持っている美容外科もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

埋没法とは?

二重まぶたの美容整形のひとつに、埋没法があります。埋没法とは、上まぶたの裏側にナイロンでできた糸を埋め込むことで二重まぶたを作り出す方法です。埋没法はメスを入れる必要がなく、施術も短時間で済むのでプチ整形としても人気のある施術方法です。福岡をはじめ、全国の美容外科で利用者の多い施術でもあります。ダメージが少なく、頻繁に通院する必要もないので、二重まぶたの美容整形の中では比較的手軽に行うことができる施術といえます。

埋没法の代表的な術式

前述の通り、埋没法の施術ではナイロンの糸を使って施術を行います。まずまぶたに糸を通すための小さな穴をあけます。これには、針を使います。開けた穴から、ナイロンの糸を通していきます。この通した糸によって二重まぶたのラインが形成されるので、穴を開ける位置で二重の出来栄えも変わるといえます。糸を通したあとはしっかりと結び、余分な糸をカットします。最後に結び目を皮膚の中に埋め込むと、埋没法での施術が完了します。

埋没法のメリット・デメリット

メリット

埋没法のメリットとして最も大きいのは、施術を受ける側の負担が少なくて済むということです。埋没法では大きく切開することがないため、術中の負担はもちろんのこと、術後に関しても制限が緩く、普段通りの生活を送ることができます。また、糸を抜けば簡単に元に戻すことができるので、気に入らなければ施術をし直すのも簡単です。

デメリット

埋没法のデメリットは、一重に戻ってしまう可能性が高いということです。前述のメリットにおいて、糸を外せばすぐに元に戻すことができるといいましたが、これは意図的に外す場合はメリットですが、自然に外れることを考えればデメリットでもあります。また、糸を結んで皮膚に埋め込むという方法であるため、眼球を傷つけてしまう可能性があることもデメリットのひとつです。

このような方にオススメ

埋没法は比較的手軽に施術を行うことができるため、二重を試してみたいという人にはオススメの施術です。また、メス大きく切開することがない施術であるため、まぶたにメスを入れるのが怖いといった場合にも、オススメできます。

Q&anp;A

埋没法のよくある質問

埋没法の施術を受けたのですが、術後に鏡をみると左右で二重の幅に差があります。これはどうしてですか?
埋没法ではまぶたの裏側に糸を埋め込みますが、このときの糸の高さであったり糸を結ぶ強さが左右で異なると、左右の二重の幅に差がでてしまいます。この場合、新たにラインを作ることで、二重の幅を修正することができます。
埋没法で施術を受けた後、まぶたに引っ張られる様な違和感があります。これは普通なのですか?
埋没法はまぶたを糸で固定しますが、そのときに程度に差はあれど糸を引っ張ります。そのため、まぶたが引っ張られる様な感覚を覚えることがありますが、時間が経過すれば馴染んでつっぱり感もなくなります。それでも気になる場合は、修正することもできます。
施術後に鏡をみると、思っていたものとは違う二重になっていました。希望通りにはならないのですか?
埋没法の場合、施術前の二重のラインが残ってしまったり、目尻や目頭で二又になってしまったり、平行の二重にするはずが末広型になってしまったりということがあります。この場合は再度施術を行いますが、糸を用いた方法であるため、必ずしも希望通りの仕上がりになるとは限りません。

▲ このページのトップへ

気になる 美容のお悩み別コラム

二重のお悩み

二重のお悩み

ぱっちりとした二重になりたいと願う人は多く、そのために美容外科で美容整形を受ける人も少なくありません

エラ・輪郭のお悩み

エラ・輪郭のお悩み

エラが張っている、輪郭をすっきりさせたい。そういった悩みに関しても美容整形で解消することができます。

脱毛のお悩み

脱毛のお悩み

脱毛はエステやサロンでも行うことができますが、美容外科で行うことでより確実に脱毛することができます。

▲ このページのトップへ