気になる 美容整形のお悩み別コラム!

二重コラム

全切開の二重

目の上の脂肪も取り除くことができる二重の美容整形

理想の二重まぶたを手に入れるためには、目の上についた脂肪が邪魔になることもあります。そういった場合、全切開法を用いれば、まぶたの上の脂肪も一緒に取り除くことができます。腫れぼったいまぶたの人に向いている二重整形で、福岡の美容外科でも盛んに行われています。また、全切開法によって形成した二重まぶたはほとんどとれることがないため、一度施術をしてしまえば埋没法よりも二重まぶたを長期間維持することができます。

全切開とは?

全切開は、二重まぶたの美容整形術のひとつです。メスを使ってまぶたを切り開き、余分な皮膚や脂肪を取り除いたあと、縫い合わせて二重を作ります。福岡をはじめ、全国の美容外科では従来この方法で二重の美容整形を行っていましたが、現在は埋没法もあるため、状況によって使い分けられています。切開法はメスを使うためやや負担が大きいものの、確実に二重を長続きさせることができるため、しっかりとした二重にしたい場合にはよく利用されています。

埋没法の代表的な術式

前述の通り、埋没法の施術ではナイロンの糸を使って施術を行います。まずまぶたに糸を通すための小さな穴をあけます。これには、針を使います。開けた穴から、ナイロンの糸を通していきます。この通した糸によって二重まぶたのラインが形成されるので、穴を開ける位置で二重の出来栄えも変わるといえます。糸を通したあとはしっかりと結び、余分な糸をカットします。最後に結び目を皮膚の中に埋め込むと、埋没法での施術が完了します。

全切開のメリット・デメリット

メリット

全切開で行う二重整形のメリットは、理想的な二重まぶたを手に入れることができるということです。全切開は上まぶたを大きく切開するため、理想のラインに沿った二重をまぶた全体でデザインすることができます。また、切開をしてしっかりと縫い合わせるということから、二重まぶたが半永久的に持続するというのも大きなメリットでしょう。

デメリット

全切開で行う二重整形のデメリットは、メスで切開する範囲が広いため、術後の腫れが大きくなる傾向にあることがあげられます。もちろんアフターケアはしっかりと行ってもらえますが、ダウンタイムが長くなってしまうので、しばらく不自由を余儀なくされる可能性もあります。また、医師の力量が大きく反映される施術であることも、場合によってはデメリットになります。

このような方にオススメ

全切開法はメスによって大きく切り開くため、メスを入れることに抵抗がない人に向いています。また、半永久的に二重が持続する施術であるため、お試しではなく本当に二重まぶたにしたいと思っている人におすすめです。

Q&anp;A

全切開のよくある質問

美容外科では傷痕がそれほど気にならないと言われましたが、本当に傷痕は気にならないのでしょうか?
切開法でも傷痕が目立たないよう注意して施術を行いますが、場合によっては切開した箇所の凹みや、切開後が直線ではなくジグザグになってしまうことなどがあります。これらの傷は修正することはできますが、完全に失くすことはできません。
切開法では糸を使って縫い合わせますが、その糸が出てくることはないのでしょうか?
施術の際に皮膚下の組織を縫い合わせた糸は、基本的には出てこないものです。しかし、まれにこの糸が出てくる場合もあるので、その場合は速やかに美容外科を受診ください。放っておくと、化膿の原因になることがあります。
切開法ではまぶたを切り開きますが、まぶたの中で血が溜まったりしないのでしょうか?
切開法の施術では、術後にまぶたの中に血が溜まることがあります。血が溜まるとまぶたが腫れあがるので、すぐにわかります。これを放っておくと感染やしこりの原因になるので、速やかに美容外科を受診するようにしてください。

▲ このページのトップへ

気になる 美容のお悩み別コラム

二重のお悩み

二重のお悩み

ぱっちりとした二重になりたいと願う人は多く、そのために美容外科で美容整形を受ける人も少なくありません

エラ・輪郭のお悩み

エラ・輪郭のお悩み

エラが張っている、輪郭をすっきりさせたい。そういった悩みに関しても美容整形で解消することができます。

脱毛のお悩み

脱毛のお悩み

脱毛はエステやサロンでも行うことができますが、美容外科で行うことでより確実に脱毛することができます。

▲ このページのトップへ