気になる 美容整形のお悩み別コラム!

二重コラム

眼瞼下垂手術

閉じ気味で眠たげな目を解消する美容整形

特に眠たくもないのに眠たそうに見られる、目をはっきり開けているはずなのに閉じているように見られる。そのような経験があった場合、それは眼瞼下垂という症状かもしれません。眼瞼下垂は様々な原因によって引き起こされますが、総じて上まぶたが開けづらくなる症状をいいます。この眼瞼下垂に関しても、美容外科で美容整形を受ければ解消することができます。福岡の美容外科でも、眼瞼下垂の美容整形を行っている美容外科があります。

眼瞼下垂手術とは?

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がってしまい、目が開けづらかったり眠そうな印象を与えてしまうような状態のことを指します。眼を開けていても黒目の半分以上が隠れている場合は、眼瞼下垂だといえます。眼瞼下垂を治すためには美容外科で美容整形を受ける必要がありますが、挙筋短縮術や腱膜前転術、前頭筋吊り上げ術など様々な施術方法があります。どのような施術であっても切開を行うため、眼瞼下垂の治療は手術が主体となっています。眼瞼下垂の手術は、福岡を含む全国の美容外科で受けることができます。

眼瞼下垂手術のメリット・デメリット

メリット

眼瞼下垂手術を行うことのメリットは、機能面では目が見えやすくなることがあげられます。今まで隠れていた部分でもしっかり目視できるようになります。加えて、肩こりが解消される可能性もあります。眼瞼下垂の状態ではおでこに力を入れてまぶたを持ち上げる必要があるため、肩こりになりやすいのです。眼瞼下垂が解消されれば、同時に肩こりも解消される場合もあります。

デメリット

眼瞼下垂手術を行うことのデメリットは、どの施術であっても切開をしなければいけないということです。切開を行うと、場合によっては数か月にわたって腫れや不自然感が残ります。また、眼瞼下垂は片目だけに症状が現れることもありますが、この場合は手術を行うことで左右の目の形が異なることもあるので、これもデメリットのひとつでしょう。

このような方にオススメ

眼瞼下垂の手術は、目が見えにくいと感じている人には向いているといえます。そこまで影響が出ているのであれば、日常生活にも支障がでます。また、目が疲れやすかったり、頭痛や肩こりが酷い場合にも、手術を受けたほうがいいでしょう。

Q&anp;A

眼瞼下垂手術のよくある質問

眼瞼下垂の施術では切開をするということですが、内出血などの心配はありますか?
術後の内出血は、切開を伴う施術においては頻繁に起こります。どれだけ丁寧に施術を行っても、内出血が起きてしまうことはあります。内出血を起こさないためには、術中に目に力を入れないこと、術後1週間は激しい運動をしないことなどが大切です。
両目を一度に手術すると仕事に支障が出そうなのですが、どうにかなりませんか?
そのような場合、片目ずつ日を空けて施術することができます。しかし、片目ずつ手術を行う場合は、最終的な仕上がりに差が出てしまう可能性もあります。目の状態は日によっても異なるため、できれば同じ日に施術するほうがいいでしょう。
切開を行う手法が基本ということですが、術後はエステなどは避けるほうがいいのでしょうか?
術後すぐに力を加えると、内出血など術後トラブルの大きな原因になってしまいます。しかし、術後2週間程度経過したあと、痛みや腫れがない場合にはマッサージ等を行っても問題はありません。ただし、力を入れすぎないことには注意が必要です。

▲ このページのトップへ

気になる 美容のお悩み別コラム

二重のお悩み

二重のお悩み

ぱっちりとした二重になりたいと願う人は多く、そのために美容外科で美容整形を受ける人も少なくありません

エラ・輪郭のお悩み

エラ・輪郭のお悩み

エラが張っている、輪郭をすっきりさせたい。そういった悩みに関しても美容整形で解消することができます。

脱毛のお悩み

脱毛のお悩み

脱毛はエステやサロンでも行うことができますが、美容外科で行うことでより確実に脱毛することができます。

▲ このページのトップへ