気になる 美容整形のお悩み別コラム!

二重コラム

目頭切開による二重

余分な蒙古ひだを取り除く二重の美容整形

二重の美容整形の中には切開法があり、そのひとつに目頭切開法というものがあります。目頭切開法は全切開法とは異なり、眼がしらにある蒙古ひだを取り除くことで目元を大きく見せる効果があります。全切開法に比べてメスを入れる範囲がせまく、大人びたぱっちりとした目にすることができるので、福岡の美容外科でも人気の施術です。目頭切開法には目と目の感覚を狭める効果もあるので、目の間が広くて悩んでいる人にとってもおすすめの施術です。

埋没法とは?

二重まぶたの美容整形のひとつに、埋没法があります。埋没法とは、上まぶたの裏側にナイロンでできた糸を埋め込むことで二重まぶたを作り出す方法です。埋没法はメスを入れる必要がなく、施術も短時間で済むのでプチ整形としても人気のある施術方法です。福岡をはじめ、全国の美容外科で利用者の多い施術でもあります。ダメージが少なく、頻繁に通院する必要もないので、二重まぶたの美容整形の中では比較的手軽に行うことができる施術といえます。

目頭切開による二重とは?

目頭切開での二重の美容整形は、目頭にある蒙古ひだを切開し、目頭にある涙丘を見せるようにします。こうすることで、目の横幅が大きくなり、二重のラインもはっきりと出やすくなります。目の横幅が数ミリ変わるだけでも目の印象は大きく変わるため、全切開ほど大きな切開はしたくないけど目は大きくしたいというときにおすすめで、福岡の美容外科でもよく行われています。目頭切開は全切開に比べて術中の負担も少ないですが、切開する範囲が狭いため、全切開ほど自由に二重を作れるわけではありません。

目頭切開による二重のメリット・デメリット

メリット

目頭切開のメリットは、大きく切れ長の目を手に入れることができるということです。蒙古ひだを取り除くことで、これまで幼く見えていた目元であっても、切れ長でスッキリとした印象にできます。また、これまで末広型の二重だった人が平行型の二重にしたいという場合、目頭切開を行うことで平行型の二重に近づけることもできます。

デメリット

目頭切開のデメリットとしては、横長の目にするため、場合によっては目元が不自然になってしまうことがあげられます。たとえばもともと切れ長の目の人が目頭切開を行うと、更に目が横に広くなり、バランスを崩してしまいます。また、場合によっては涙丘が見えすぎてしまうということもあり、その場合では傷痕が目立ってしまいます。

このような方にオススメ

目頭切開での二重整形は、目と目の間がもともと離れがちな人に向いているといえます。このほか、蒙古ひだが強く張っていてつり目のように見えている人や、目元が小さい人にも目頭切開での二重整形は有効だといえます。W

Q&anp;A

目頭切開での二重のよくある質問

目頭切開の施術を受けたのですが、
切開が控えめなように感じます。
目頭切開では、涙丘が露出しすぎるとかえってバランスが崩れるため、蒙古ひだを一部残すように控えめに切開します。さらに目頭を広げたい場合には再度施術することもできますが、切開できる幅には限界があることに注意してください。
施術後に鏡を見ると、目頭が開きすぎているような気がします。
失敗ですか?
施術直後は目頭に糸がついている状態なので、傷口が引っ張られて目頭が開きすぎだと感じることがあります。まずは抜糸を待っていただき、その後も変わらず目頭が開きすぎだと感じる場合には、蒙古ひだ形成術によって目頭に皮膚をかぶせることもできます。
平行型のまぶたにしたくて目頭切開を考えているのですが、必ずなるものですか?
目頭切開を行うと、確かに平行型の二重まぶたに近づけることはできます。しかし、もともと二重の幅が狭かった場合、目頭切開を行っても平行型にならないことがあります。この場合、さらに目頭を広げる施術を行うか、二重の幅を広げる施術を行う必要があります。

▲ このページのトップへ

気になる 美容のお悩み別コラム

二重のお悩み

二重のお悩み

ぱっちりとした二重になりたいと願う人は多く、そのために美容外科で美容整形を受ける人も少なくありません

エラ・輪郭のお悩み

エラ・輪郭のお悩み

エラが張っている、輪郭をすっきりさせたい。そういった悩みに関しても美容整形で解消することができます。

脱毛のお悩み

脱毛のお悩み

脱毛はエステやサロンでも行うことができますが、美容外科で行うことでより確実に脱毛することができます。

▲ このページのトップへ