気になる 美容整形のお悩み別コラム!

エラ・輪郭のコラム

顔の脂肪吸引

余分な脂肪を取り除く施術

脂肪を落とすためには、運動をしたり食事制限をしたりといったことが考えられますが、それでも落ちない脂肪はあります。福岡の美容外科でもこういった相談はあるもので、その中には顔の脂肪を落としたいというものもあります。顔の脂肪は落としにくいものですが、脂肪吸引を用いれば脂肪をすっきり取り除くことができますし、フェイスラインを整えることもできます。美容整形の中でも負担が少なく効果が大きいので、福岡の美容外科でも盛んに行われています。

顔の脂肪吸引とは?

顔の脂肪は非常に落としにくいものですが、脂肪吸引を利用すればすっきりと脂肪を取り除くことができます。脂肪吸引ではカニューレと呼ばれる管を患部に挿し入れ、直接脂肪を吸い取ります。このとき、脂肪細胞ごとまとめて吸引するので、リバウンドする心配がありません。カニューレは細い管なので、顔のあらゆる部分に挿し入れることができ、フェイスラインを整えることもできます。顔の脂肪を取り除く美容整形では一般的な施術で、福岡の美容外科でも行われています。

顔の脂肪吸引のメリット・デメリット

メリット

顔の脂肪吸引の最も大きなメリットは、リバウンドの心配がないということです。体に脂肪がつくとはいいますが、実際には脂肪細胞という細胞に脂肪が蓄積し、これによって体が太っていきます。この脂肪吸引では脂肪細胞ごと吸引してしまうため、脂肪が蓄積するそもそもの場所がなくなり、その場所に脂肪が溜まることがありません。そのため、リバウンドの心配がないのです。

デメリット

顔の脂肪吸引のデメリットは、どんな人でも利用することができるわけではないということです。顔が大きく見える原因には脂肪が関係しているものもありますが、骨格や筋肉が原因の場合もあります。脂肪が原因であれば脂肪吸引で顔をほっそりさせることができますが、骨格や筋肉が原因の場合は脂肪吸引を行っても効果が見られません。

このような方にオススメ

顔の脂肪吸引は、脂肪によって顔が大きく見える、ぽっちゃりしているという人におすすめの美容整形です。脂肪が原因の場合は、脂肪吸引を行うことでほぼ確実に痩せることができますし、脂肪細胞を取り除くのリバウンドの心配もありません。

Q&anp;A

顔の脂肪吸引のよくある質問

管を入れて脂肪を吸引するということですが、
切開する必要がありますか?
カニューレを挿し入れるために、一部切開する必要があります。頬の脂肪吸引を行う場合、耳の付け根辺りを切開し、そこからカニューレを挿し入れます。あごの場合は、あごの裏側を吸引する位置によって数か所切開します。
脂肪吸引では、施術後に顔は腫れますか?
会社や学校はいけますか?
脂肪吸引は切開や吸引をする関係から、術後に顔が腫れます。おそよ1週間ほどで腫れは引きますが、これには個人差があります。その間は学業や仕事に支障が出ることも十分考えられるので、事前に意思ときちんと相談してください。
脂肪を取り除くということですが、
施術箇所が凸凹になったりしませんか?
熟練の医師がカニューレでまんべんなく脂肪を吸引すれば、施術箇所が凸凹になるといったことは起こりません。しかし、医師の技術不足であったり器材の不調などがあると、まれにそういった状態になることがあります。その場合の対応に関しては各美容外科で異なるので、施術前に確認しましょう。

▲ このページのトップへ

気になる 美容のお悩み別コラム

二重のお悩み

二重のお悩み

ぱっちりとした二重になりたいと願う人は多く、そのために美容外科で美容整形を受ける人も少なくありません

エラ・輪郭のお悩み

エラ・輪郭のお悩み

エラが張っている、輪郭をすっきりさせたい。そういった悩みに関しても美容整形で解消することができます。

脱毛のお悩み

脱毛のお悩み

脱毛はエステやサロンでも行うことができますが、美容外科で行うことでより確実に脱毛することができます。

▲ このページのトップへ